懐かしのカントリーの出張生演奏サービス

HOME

★ セマスチャンがご自宅やご希望の場所まで出張して生演奏するサービスです ★

懐かしのカントリーからポップス・スタンダードの名曲をギターの弾き語りで♪
個人的なパーティーやお店のイベントなど、様々なシーンでお役に立ちます!


● セマスチャンのPR ●

学生の頃からライブハウスで歌い続けてきた大学ノート7冊分のレパートリーの大半はアメリカのカントリーミュージックです。現在は、オリジナル曲の制作に注力していますが、カントリーミュージックの持つ歌詞の重要性とメロディーの美しさから受けた影響は計り知れません。 ギターやピアノを自ら弾きながら英語と日本語を巧みに歌い分ける演奏スタイルは、幅広いリスナーや音楽仲間から評価を受け、地道な音楽活動を継続的に行ってきました。 今後も、敬愛するカントリーミュージックを温めつつ、独自の音楽をより多くの人々に楽しんでいただくため音楽一筋で活動していきます。 現在、大阪市北区のカントリー・ライブ・ハウスの老舗「フェニックス・バード」にて毎月第3木曜にソロライブを継続中。その他、自主企画のコンサート、不定期ライブを実施予定。

セマスチャンのプロフィール

【 演奏曲例 】


◇ 懐かしのカントリー ◇

Tennessee waltz (テネシー・ワルツ)
Take me home, Country roads (カントリー・ロード)
Green green grass of home (想い出のグリーングラス)
Cotton fields (コットン・フィールズ)
Save the last dance for me (ラストダンスは私と)
I can't stop loving you (愛さずにはいられない)
I really don't want to know (知りたくないの)
Release me (リリース・ミー)
A fool such as I (馬鹿な私)
etc

◇ 日本のコマーシャルでも流れている名曲 ◇

Mr.Bojangles (ミスター・ボージャングル)
The water is wide (流れは広く)
Tie a yellow ribbon 'round the ole oak tree (幸せの黄色いリボン)
Have you ever seen the rain ? (雨を見たかい?)
Stand by me (スタンド・バイ・ミー)
etc

◇ ポップス・スタンダード ◇

Bridge over troubled water (明日に架ける橋)
Can't help fallin' in love (好きにならずにいられない)
After you've gone (君去りし後)
I need to be in love (青春の輝き)
Yesterday once more (イエスタディ・ワンスモア)
You've got a friend (君の友達)
Desperado (ならず者)
Unchained melody (アンチェインド・メロディー)
Leaving on a jet plane (悲しみのジェット・プレイン)
etc

◇ 日本語の曲 ◇

見上げてごらん夜の星を
etc

【 音源CD試聴 】
セマスチャン1stアルバム



● 演奏形態と会場 ●

セマスチャンのソロによる、ギターの弾き語りです。
※演奏場所はご用意して頂きます。(ご自宅もしくはお店など)
※音響・照明が必要な場合は、基本的にお客様にご用意して頂きます。
※出張先は、関西圏の特定地域のみとさせて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さい。



● 演奏時間と料金 ●

現地での拘束時間は、2時間以内とさせて頂きます。
料金は、基本料 ¥5,250 (税込) + ¥500×お客様人数分 を申し受けます。
交通費は基本料に含みますが、地域によっては実費を申し受ける場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい。



お問い合わせは、072-624-8080(アイディア・出張演奏事務局)にて承ります
(受付:10:00~18:00)