PROFILE - SEMA

Just a moment Sema(セマスチャン)

●プロフィール
1965年8月生 兵庫県出身 本名:福田正昭
音楽事務所「Sema Music」代表

幼い頃から父親の影響でトラディショナルジャズを聴いて育つ。
中高時代は、バスケットボール選手をしながらイーグルスなどのアメリカン・ロックに親しむ。
大学2回生のとき神戸のライブハウスでカントリーミュージックと運命的に出合い、店に入り浸る毎日がはじまる。
気が付けば、そのライブハウスで歌いながら「セカンドマスター」をしていて、「セマスチャン」という愛称で呼ばれるようになった。
卒業後は、会社員をする傍らプロ・アマのミュージシャン等と共に音楽活動を行っていたが、2003年6月に15年間のサラリーマン生活に終止符を打ち音楽一筋となる。
脱サラと同時に音楽事務所「セマミュージック」を開業し、大阪府茨木市に事務所兼スタジオ「アイディア」を設立。
2003年10月に、オリジナル3曲とカントリーのカヴァー2曲を収めたファースト・アルバム「ラブ・ラブ・ブルース」をリリース。
FM-cocoloで、アルバムよりカントリーのカヴァー曲がオン・エアーされる。
自営するアイディア音楽教室では、クラシックからポピュラーまで様々なレッスンコースを運営している。
2013年8月には、開業10周年記念コンサート「A Heart Of Music(音楽の心はひとつ)」を開催し、クラシックの専門家との共演を果たす。
オリジナルからカバー曲まで、ジャンルや言語にとらわれない選曲と演奏スタイルで、ライブやコンサートでの活動を展開中。

【主な活動実績】

1984年~神戸のライブハウス「シティ・ライツ」でカントリーミュージックと運命的に出会う。お店に入り浸り、店を任されるようになったころ、「セカンドマスター」の語呂をもじって「セマスチャン」の愛称で呼ばれるようになる。
弾き語りで夜な夜な人前で新しいレパートリーを歌う日々が続き、同世代の仲間と「Wet Hips」というバンドを組み、シティ・ライツで定例ライブも行った。

1989年大学卒業後、IT関連企業に入社。サラリーマンをする傍らライブ活動を精力的に続ける。

1993年~カントリーバンド「ケンワース」のリーダー・ボーカルとして、月例ライヴおよび、神戸カントリー・グラフィティなどのコンサートに出演。新旧問わず、カントリーミュージックのカバーに積極的に取り組む。

2000年12月関西のプロミュージシャンと共に、ウエスタン・スウィング系のバンド「ハイ・ロンサム」を結成し、西宮の「フォート・ワース」にて月例ライヴに出演。リーダー・ボーカルを担当。この頃からプロ志向が強くなり、夢と現実の綱引きが始まる。

2002年09月神戸・北野のライブ・ハウス「T2楽屋」において、カントリーのライブイベントを島田和夫,中川みつお等と共に企画・実施。満場の来場者と盛り上がった。

2003年03月大正区「アゼリア大正ホール」にて、カントリーのコンサート「Spring Concert 2003」を実施。大矢貞男、赤木一孝、五十川博史、山口玉三郎と共演。ゲストには福原照晃を迎えた。目標以下の集客率に苦渋を飲む。しかし、この頃に脱サラを密かに決意していた。

2003年06月梅田のライブハウス「フェニックス・バード」にて月例ソロライブを開始。
バーボン好きの集まる老舗に夜な夜な集まる常連客に支えられ、以来ずっと続いている。

2003年07月脱サラと同時に、音楽事務所「セマミュージック」を設立。音楽一筋の宣言をする。

2003年08月茨木市に、音楽スタジオ兼事務所「アイディア」を設立。

2003年09月ラジオ関西(谷五郎のOH!ハッピーモーニング)KBS京都(k-town house)に生出演。

2003年09月六甲アイランド「神戸ファッション美術館オルビスホール」にて、イベンターとしての初仕事『第1回アメリカン・ルーツ・ミュージック・コンサート』を主催。島田和夫五十川博史、山口玉三郎、古橋一晃、吉富はるか、と共演。ゲストには、中川イサトジャパニーズ・ブルーグラス・バンドを迎え、弦楽ストリングスのアレンジを大矢貞男、総合司会を三井雅弘に依頼した。目標の60%程度の来場者の暖かい声援に励まされる。

2003年10月オリジナル3曲とカントリーのカヴァー2曲を収めたファースト・アルバム「ラブ・ラブ・ブルース」をインディーズレーベル「Sema Music」よりリリース。
発売後約2ヶ月で、約300枚をセールス。

2003年10月FM-CO・CO・LO(Beyond the Border)で、ファーストアルバムよりカントリーのカバー曲「Waiting for a train」がオン・エアーされる。

2003年10月協業ミュージシャンの協力を得て、「アイディア」にて、音楽レッスンの運営を開始。

2003年11月大阪のジャズライブパブの老舗「ニューサントリー5」に山口玉三郎と出演。

2004年08月茨木ローズWAMホール」にてアイディア一周年記念コンサートを実施。
クラシックが専門の音楽教室の講師に交じってカントリーやオリジナルを演奏する。

2005年09月二周年記念企画「日曜3時の音楽会」をアイディア内にて開始。
アイディア関係者の交流の場として、毎週継続的に出演者を募り実施している。

2005年09月「西宮/フォートワース」にて月例ライブを開始。

2005年10月「週刊ダイヤモンド特大号(平成17年10月8日発行)」の転→展→天職のコラムに「町に愛されるカントリーミュージシャン」として取り上げられる。

2006年01月自営する音楽教室のレッスンコース数が25種類、生徒数が100名を突破。

2013年08月開業10周年記念コンサート「A Heart Of Music(音楽の心はひとつ)」を開催し、クラシックの専門家との共演を果たす。